健康な歯で過ごすために|歯周病治療・予防歯科

  • ホーム > 
  • 健康な歯で過ごすために|歯周病治療・予防歯科

歯ぐきが腫れた、血が出る
~歯周病治療~

何の対策もしないまま歯周病を放置すると、どんどん病状が悪化して最後には顎の骨が溶かされ、支えを失った歯が抜け落ちてしまいます。そうならないためには、定期的に歯科検診を受診することが重要です。少しでも異変を感じたら、港区の歯医者「麻布十番ハート歯科クリニック」までご来院ください。

ご存知ですか? 歯周病は歯を失う原因の第1位です

ご存知ですか? 歯周病は歯を失う原因の第1位です

歯周病は、初期では自覚症状がほとんどありません。そのため、なかなかその深刻さが理解されにくい病気です。しかし、痛みがない場合でも、ブラッシング時の出血や、歯ぐきの腫れなどのサインで気がつくことは可能です。ここで放置してしまうと、やがては骨がむしばまれて、歯が抜け落ちてしまうこともあります。

歯周病は、適切なケアを行うことで予防ができます。また、ちょっとした歯ぐきからのサインを見逃さず、腫れや出血が気になったら、すぐに治療することが大切です。

歯周病の原因について

歯周病の予防には日頃のブラッシングケアが大切です

歯周病とは、口腔内に存在する歯周病菌が、歯周ポケットの内部に定着して歯石となり、酸素が入らなくなることで骨が溶けだしてしまう病気です。歯がグラグラして痛みを感じるようになったときには、すでに骨が溶けだしていて手遅れというケースもあります。

歯ぐきに腫れがみられる段階は、歯肉炎と呼ばれます。思春期を迎えたお子さんは、ホルモンバランスの崩れによって、歯ぐきが腫れることがあります。この歯肉炎の段階で放っておくと、歯周病になってしまうケースもあります。注意してあげましょう。

歯周病と全身疾患は無関係ではありません

歯周病と全身疾患は無関係ではありません

歯周病の恐ろしさは、歯を失うことだけではありません。歯周病菌や歯周病菌のつくり出す毒素が、血管などを通って全身に運ばれることで、以下のような全身疾患を引き起こすリスクも考えられます。歯を守るための歯周病治療が、全身の健康を守る治療にもつながるのです。

歯周病と糖尿病との関係

もともと糖尿病の患者さんは、免疫力が低下しているので歯周病になりやすいと言われてきました。しかし最近の研究では、歯周病菌自体が糖尿病を悪化させている可能性が報告されています。

歯周病になると糖尿病が悪化し、反対に歯周病が完治することでと血糖値が改善するということも分かってきました。つまりこの二つの病気は、お互いに影響しあっているのではないかと考えられます。

歯周病と脳梗塞や心筋梗塞との関係

脳梗塞や心筋梗塞は、動脈硬化により血管が細くなることで引き起こされる病気です。この動脈硬化を、歯周病菌が進行させているかもしれないという指摘がされています。中性脂肪やコレステロールが高めの方は、歯周病の予防や治療にも気を配りましょう。

歯周病と妊娠との関係

妊娠中は、歯周病にかかりやすくなると言われています。妊婦が歯周病にかかると、早産の危険度が1.7倍も高くなるとの研究結果もあります。確実な予防を心がけましょう。

歯周病と誤嚥性肺炎との関係

高齢者に多い「誤嚥性肺炎」。食べた物をうまく飲み込むことができず、気管や肺に入ってしまうために起こります。この際に、口腔内の細菌も一緒に飲み込んでしまうことで、肺炎が引き起こされます。歯周病の治療は、誤嚥性肺炎の予防にもつながるのです。

歯周病の処置方法

歯周病の予防や治療は、まずプラークや歯石の除去から始まります。歯周病が進行してしまって、症状が改善しない場合には、外科的な処置が必要となります。

歯周病には、ごく初期の「歯肉炎」、一般的に歯周病を指す「歯周炎」、咬み合わせが影響する「咬合性外傷」がありますが、ここでは、「歯周炎」の進行段階に合わせた治療方法をご紹介します。いったん歯周病になってしまったら、放置せずに適切な治療を受けましょう

軽度歯周炎

軽度歯周炎

ブラッシングをしたときに出血するのは、歯ぐきが腫れている証拠です。血液が歯ぐきに集まって、細菌と戦っている真っ最中です。歯ぐきが腫れてくると、歯と歯ぐきの間の隙間が大きくなり、歯周ポケットができます。ここにプラークや歯石が溜まり、歯周病が進行してしまうのです。

スケーリング

スケーリング
ブラッシングでは取れないプラークや歯石など、歯周ポケットの奥にこびりついた頑固な汚れを、「スケーラー」という器具を使ってかき出し、取り除きます。
中等度歯周炎

中等度歯周炎

さらに炎症が進み、歯周ポケットが深くなってしまった状態です。出血や歯ぐきの腫れといった症状以外に、口臭がひどくなったり、歯がグラグラしてきたりします。これは、歯を支えている骨が溶け始めているためです。

ルートプレーニング

ルートプレーニング
スケーリングでは落としきれない、歯周ポケットの奥深くにあるプラークや歯石を、「キュレット」という器具を使って除去します。その後、歯根の表面を滑らかに整えて、プラークや歯石の再付着を防ぎます。
重度歯周炎(歯槽膿漏)

重度歯周炎(歯槽膿漏)

歯周病が進行し、歯を支えている骨がさらに溶けてしまった段階です。歯のグラグラがひどくなり、歯ぐきが膿み、悪臭がします。ここで治療せずに放置すると、骨の破壊が進み、歯が抜けてしまうことになります。

フラップ手術

フラップ手術
局所麻酔をかけて歯ぐきの切開を行い、歯周ポケットの内部を目で見える状態にして、歯根についた歯石や炎症を起こした患部組織を取り除く外科処置です。
プラークコントロールが歯周病予防のカギです

プラークコントロールが歯周病予防のカギです

歯周病の治療が終了した後も、適切にプラークコントロールを行い、メインテナンスを続けていくことが大切です。これを怠ると、再びプラークや歯石が溜まり、歯周病の再発を促すことになります。毎日のブラッシングや定期検診を欠かさずに、お口の中を良好な状態に保つ努力をしましょう。

いつまでも健康な歯を守りたい
~予防歯科~

港区の歯医者「麻布十番ハート歯科クリニック」では、“予防”を重視した歯科診療を行っております。虫歯や歯周病の治療で受けたダメージは歯に蓄積されます。そして治療を繰り返すことで歯を失う原因にもつながっていきます。当院は痛くなってから行く歯医者ではなく、「痛くならない」ために通う歯医者を目指しています

定期検診の重要性

定期検診の重要性

定期検診を受けている人とそうでない人を比較した場合、80歳になったときの残存歯数の差はなんと3倍にも広がります。いくら丁寧にブラッシングを行っても、取り除けない歯石やプラークがあります。その結果、虫歯や歯周病にかかってしまうのです。大切なのは、治療よりも予防。お口の健康を末永く守るために、定期的に歯科医院を受診しましょう。

予防はプロとの二人三脚で

プロのクリーニングは歯科衛生士におまかせください!

専門の器具を使って行う「PMTC(プロフェッショナル・メカニカル・ティース・クリーニング)」は、歯科医師や歯科衛生士などの専門家におまかせください。ブラッシングなどご自宅で行うホームケアと、歯科医院で行うプロケアの両立が、歯の健康を維持するために効果的です。

歯科衛生士は国家資格を持った専門家であり、患者さん一人ひとりの口腔内環境に合わせ、適切な予防処置で口腔衛生を向上させます。歯科医師を補助するだけではなく、医師の指示のもとに共同で治療を行います。

日々のホームケアにプラスして、歯科医院のプロケアを活用することでお口の健康を守りましょう。

当院の予防メニュー
~歯科医院のプロケアを受けましょう~

ブラッシング指導

ブラッシング指導

お口の中の状態は人それぞれ違うもの。そのため当院では、毎日のセルフケアがきちんとできているかをチェックし、患者さん一人ひとりに合わせたブラッシング指導を行っています。同時に歯ブラシや歯間ブラシ、歯磨き粉の選び方についてもアドバイスをしますので、ぜひご活用ください。

PMTC

PMTC

お口のケアのプロフェッショナルが専用の器具を使用し、徹底的な歯のクリーニングを行います。お口のすみずみをキレイにすることで、虫歯や歯周病などの予防に大きな効果があります。

予防が大切な理由とは?

予防が大切な理由とは?

虫歯や歯周病など、細菌による感染性の病気には、再発の可能性がつきまといます。しっかりと予防を行い、口腔内環境を良好に保つことで、再発を防止しましょう。歯や歯ぐきの治療は、何度も繰り返すことで、口腔内だけではなく全身への負担も増します。早期発見・早期治療に努めることが、負担を減らすことにもつながります。

当院では、2ヵ月~半年に一度といった頻度で、患者さんの状態に合わせ「定期検診」をご案内しています。

当院へのお問い合わせ・ご予約はこちら