子どもの歯を虫歯から守りたい|小児歯科

  • ホーム > 
  • 子どもの歯を虫歯から守りたい|小児歯科

子どものための歯科診療
~小児歯科~

小さな子どもは、自分自身でお口の健康を守ることができません。そのため大切なのは親御さんのサポートです。港区の歯医者「麻布十番ハート歯科クリニック」は、親御さんに正しいブラッシング方法や知識を教えることで、お子さんのお口の健康を守るお手伝いをします。また当院の院長は女性医師。小さなお子さんも安心して通うことができますので、お気軽に当院までご相談ください。

当院の小児歯科治療

歯医者嫌いの子どもは歯科医院へ通う習慣が身につかず、将来的にデンタルケアが疎かになる可能性が高くなります。そのため当院では、お子さんが歯医者にマイナスイメージを持たないよう、押さえつけたり無理やり治療をしたりはしません。まずは治療前に器具を触ってもらったり、椅子を倒して遊んでもらったりして、歯科医院の雰囲気に慣れるところからスタート。その後、それぞれのお子さんのペースに合わせてじっくりと診療を行っていきます。

子どもを虫歯から守る4つのポイント

Point1:おやつの時間を守りましょう

Point1:おやつの時間を守りましょう

長時間にわたる“ダラダラ食べ”は、お口を常に汚れた状態にしてしまう悪い習慣です。虫歯のリスクが高まりますので、おやつを食べるときは時間を決め、それを守るようにしましょう。

Point2:食後のブラッシングを徹底しましょう

Point2:食後のブラッシングを徹底しましょう

食事やおやつを食べた後は、できるだけ早めにブラッシングをする習慣を身につけさせましょう。外出中でブラッシングができない状況なら、口をゆすぐだけでも効果的です。

Point3:歯に良いおやつを選びましょう

Point3:歯に良いおやつを選びましょう

子どもにとっては、おやつも食事の一部です。とはいえ、糖分が多く、歯にくっつきやすい食べ物は、虫歯の原因となってしまうので避けましょう。新鮮な果物や、糖分の含まれない飲み物、キシリトールの入ったキャンディーなど、歯に優しいおやつを選んであげる工夫が必要です。

Point4:よく噛んで食べるようにしましょう

Point4:よく咬んで食べるようにしましょう

日本人の食生活の変化は、口腔内環境にも変化をもたらしました。やわらかい食べ物が増えたため、たくさん咬む必要がなくなり、顎の骨が細くなってきています。よく噛んで食べることで顎の骨が発達し、きれいな歯並びにつながります。また、だ液の分泌もうながすので、虫歯の予防にも役立ちます。

親御さんへのお願い

お子さんのお口の健康を守るためには、


  • 定期検診を受ける
  • きちんと仕上げ磨きをする
  • 上手にブラッシングができたらほめてあげる

この3つがポイントになります。特にたくさんほめてあげることで、ブラッシングすることが「楽しい」と感じられます。毎日のケアを習慣として身につけさせましょう。

お子さんのお口の健康を守る“仕上げ磨き”

お子さんのお口の健康を守る“仕上げ磨き”

小さいお子さんが、自分できちんとブラッシングを行うことは簡単ではありません。ご家庭で親御さんがきちんと仕上げ磨きをしてあげることで、お口の状態を良好に保ち、トラブルを防いであげましょう。

仕上げ磨きをするときのポイント
Point1
ヘッドが小さめの歯ブラシを選びましょう。
Point2
歯ブラシは歯に直角にあて、溝にそって細かく動かします。
Point3
膝に頭をのせてしっかり固定し、奥歯や歯の裏側までしっかり磨きます。
Point4
虫歯になりやすい奥歯から始めて、最後に前歯を磨くといいでしょう。
Point5
6歳臼歯はブラークが溜まりやすいので、溝のゴミをかき出すように念入りに磨きます。
虫歯になりやすいのはこんな場所
奥歯の咬み合わせの溝 歯と歯の間の隙間 歯と歯ぐきの境目 歯が重なっているところ 歯の根元
奥歯の咬み合わせの溝 歯と歯の間の隙間 歯と歯ぐきの境目 歯が重なっているところ 歯の根元

※表は左右にスクロールして確認することができます。

気になったらご相談ください
~こんなクセ、ありませんか?~

小さいお子さんの顎骨や歯は、同じ力が加わり続けることで変形し、歯並びが悪くなってしまいます。早めにクセを直すことが、きれいな歯並びをつくることになるのです。お子さんのこんなクセが気になるようでしたら、ぜひ当院までご相談ください。

指しゃぶり
指しゃぶり
指で前歯を前方に押し続けることになるため、出っ歯や開咬(かいこう)など歯並びの変形につながります。 頬杖をつく
頬杖をつく
頭の重みを顎関節だけで支えることになり、顎骨が非対称になる、歯並びが悪くなる、口全体にゆがみが出るなどの悪影響が出る可能性があります。
タオルを咬む
タオルを咬む
上下の歯の咬み合わせに影響し、前歯が閉じなくなったり、出っ歯の原因となったりすることがあります。 口呼吸
口呼吸
舌が奥に下がり上顎に当たらなくなるため、上顎の成長が阻害され歯並びに悪影響が出ます。口腔内が乾燥し、虫歯や歯周病のリスクが高くなります。
爪を咬む
爪を咬む
常に固いものを咬んでいる状態になるので、歯や歯ぐきに負担がかかり、すきっ歯の原因にもなります。 舌で歯を押す
舌で歯を押す
「舌突出癖」といわれます。前歯を舌で押したり、常に舌を出していたりがクセになると、歯並びが悪くなることがあります。
唇を咬む
唇を咬む
下唇を咬むクセがつくと、前歯が傾斜して出っ歯になったり、唇に傷がついたりします。上唇を咬むクセがつくと、受け口になる可能性があります 丸のみをする
丸のみをする
食べ物をよく咬まずに丸のみするクセがつくと、顎の発達が遅れて、歯並びが悪くなる可能性があります。
乳歯のうちの「一次矯正治療」でトラブルを回避しましょう

乳歯のうちの「一次矯正治療」でトラブルを回避しましょう

性別により時期は異なりますが、7才前後~9才くらいまでは成長を利用して顎を広げたり骨格のゆがみを整えたりするのが比較的簡単な時期です。この「一次矯正治療」をすることで、将来歯が並ぶスペースを確保し、健やかな骨格の成長を促すことができれば、さまざまな歯並びの乱れを防ぐことができるのです。

港区の麻布十番ハート歯科クリニックでは無料カウンセリングを行っております。ご予約のうえお気軽にご相談ください

歯並びが気になる|矯正歯科

当院の予防メニュー

PMTC

PMTC

お子さん自身のブラッシングや親御さんの仕上げ磨きをしっかり行ったとしても、歯にはどうしても取りきれない汚れがついています。PMTCは、予防歯科のプロが専用の器具を使い、これを徹底的に除去するクリーニング法です。虫歯予防に大きな効果があります。

ブラッシング指導

ブラッシング指導

ブラッシングが未熟なお子さんに対し、正しい方法をお教えします。お口の成長度合いに合わせたブラッシング法を身につけることで、将来的なデンタルヘルスの維持にもつながります。

シーラント

シーラント

生えたての永久歯や乳歯の奥歯には、複雑な溝が形成されています。ここに食べカスが溜まると、虫歯になるリスクが高まります。あらかじめ歯科用プラスチックのレジンを詰めておくことで、虫歯予防につなげる処置です。

フッ素塗布

フッ素塗布

フッ素には、歯質を強化する効果があります。これを定期的に歯の表面へ塗布することで、虫歯になりにくい歯をつくっていきます。

マタニティ歯科について

マタニティ歯科について

妊婦さんにとって、歯科治療はとてもナイーブな問題です。「いつ行けばいいの?」「おなかの子どもに影響はないの?」など、悩みはつきません。当院では、そんな妊婦さんに向けた「マタニティ歯科」をご用意しています。

妊婦さんの体に起こる変化とリスクについて

妊婦さんの体には、さまざまな変化が起こります。ホルモンバランスが変わるのはもちろん、つわりによって体調不良に見舞われることも多いでしょう。その他にも、唾液量が減少したり、免疫力が低下したりといった変化が見られます。こうしたことが原因で、お口の環境が悪化してしまい、虫歯や歯周病が引き起こされる可能性があります。

妊婦さんのお口に起こったトラブルは、おなかの中の赤ちゃんにも悪影響を及ぼします。特に、妊娠性歯周炎については、胎児の成長を妨げたり、早産や低体重児出産のリスクを高めたりなど、注意が必要です。不安を感じたらすぐに当院までご相談ください。

当院へのお問い合わせ・ご予約はこちら