麻布十番ハート歯科ブログ

お口のクリーニングと感染対策

昨今新型コロナウイルス感染の問題が騒がれております。

空気が乾燥する冬から春先にかけて通年ではインフルエンザウイルスなど様々な感染予防に努めますが、実はお口の中を清潔に保つ事がとても重要な働きをします。

例えば、インフルエンザウイルスは細胞内に入り込んで増殖し他の細胞に感染を広げる際、ウイルス表面のノイラミニターゼという酵素を使って増殖します。

お口の汚れ=プラークに含まれる細菌の中にノイラミニターゼを作り出し、ウイルスの増殖を手助けすることがこれまでの研究で分かっています。

ウイルスは喉や鼻の奥で感染・増殖をし、お口は部位的に近い事もあり感染に関与する可能性は十分に考えられます。

現在流行中の新型コロナウイルスの感染・増殖様式はインフルエンザウイルスとは異なりますが、お口の中の細菌数を減らすことは、これら他の細菌やウイルスの増殖リスク削減の可能性があります。

今こそ口腔衛生が重要であり、専門器具を用いたプロフェッショナルな口腔清掃、クリーニングをぜひ定期的に受けていただきたく思います。

院内では感染対策として、次亜塩素酸の空間除菌やスタッフ・患者様共に手洗い、消毒、検温の徹底など行っておりますので、安心していらしてください。

先の見えない状態が続いていますが、みんなでこの窮地を乗り越えていきましょう!